半分のふるさと

イ サンクム

  • 発行年
    2007
  • 出版社
    福音館書店
  • NDC
    289

母はチマチョゴリを着て学校にやってきた。

紹介文

 戦前に広島で生まれた著者が,終戦の年,1945年に15さいかんこくへ帰国するまでを,細やかにつづった自伝。不当な差別の中でも,母は民族のほこりをつらぬいた。

本文より

 そのとき,とつぜん,オモニがあらわれた。しゅんかん,私は,息が止まりそうになった。オモニはちょうせん服を着ている。白いチョゴリ(上着)に黒いチマ(スカート)を着ている。くろぐろとした着物のあいだに,白いチョゴリがくっきりかんで見えた。
(137ページより)

  • テーマ・ジャンル
  • 歴史・地理 福祉・人権 戦争・平和 伝記
  • 教科書
  • 国語 2年 87ページ