風が強くいている

うらしをん

  • 発行年
    2009
  • 出版社
    新潮社
  • NDC
    913

「走る」ってどういうことかを知るために。

紹介文

 せつの果てに陸上をあきらめたかけるきよは,しろうと集団10人ではこ駅伝にいどむ。それは一人一人の,人生を変える戦いだった。 

本文より

 しかし,ふんぜんと部屋から出ていくことはできなかった。こんなくだらない話につきあっていないで,さっさと自室に帰ればいい。そう考えても,なぜか体が動かなかった。心のどこかで,おもしろそうじゃないか,とささやく声がする。このまま,陸上界からはなれた場所で,いつまでも一人で走るつもりなのか。それぐらいなら,ちくせいそうの住人たちといっしょに,箱根駅伝になぐりこみをかけたほうがましだ。ためしてみるのも悪くない。
(92ページより)

  • テーマ・ジャンル
  • 日本の物語 スポーツ 友達・恋
  • 教科書
  • 国語 2年 88ページ

あしたね仕事人のおすすめ

  • 電気工事業宇井敏伸

    たった10人しかいない弱小の駅伝部が,箱根駅伝という大きな大会に挑戦する物語です。「走る」という単純なことにも,一人一人の考え方や個性が現れるのだと学びました。

  • 太陽光発電の運用管理髙木裕子

    同じ学生寮に住む大学生10人が箱根駅伝を目指す話です。個性的なメンバー達が陸上競技を通じて成長していく姿が軽快で,応援しながら読みました。