わがはいねこである

なつそうせき

  • 発行年
    1996
  • 出版社
    偕成社
  • NDC
    913

猫の目から見た人間の不思議な世界。

紹介文

 有名な夏目漱石のこの小説は,読者の意表をくユーモア小説であり,ふう小説である。名前のない小さな猫が語る,人間社会のみょうさ,こっけいさ。この小説をしたきにした作品も多くある。時代をえて読みがれるけっさく

本文より

 吾輩は猫である。名前はまだない。
 どこで生まれたか,とんと見当がつかぬ。なんでも,うすぐらいじめじめしたところでニャーニャー泣いていたことだけはおくしている。
ぼうとうより)

  • テーマ・ジャンル
  • 日本の物語
  • 教科書
  • 国語 2年 227ページ