色をかなでる

むらふくみ

  • 発行年
    1998
  • 出版社
    筑摩書房
  • NDC
    753

草木の命がいだく色をいただき,布に生かす。

紹介文

 著者は,三十代になって織物を始めた。野や山で採った植物をした液で糸を染め,布を織る。自然の色で織られた美しい布の写真とともに,エッセーが楽しめる。

本文より

 草木がすでに抱いている色を私たちはいただくのであるから。どんな色が出るか,それは草木まかせである。ただ,私たちは草木のもっている色をできるだけそこなわずにこちら側に宿すのである。
(16ページより)

  • テーマ・ジャンル
  • 音楽・美術 随筆・エッセイ・日記 文化・習俗
  • 教科書
  • 国語 3年 91ページ