老人と海

アーネスト・ヘミングウェイ

  • 発行年
    1966
  • 出版社
    新潮社
  • NDC
    933

老人はぶねに乗り,たった一人で大魚にいどむ。

紹介文

 年をとった漁師のサンチャゴは,小舟に乗りたった一人で漁に出た。そこにかかったのはきょだいなまかじき。サンチャゴは,3日間にわたって力をつくしてものをしとめるが,戦いはそれだけでは終わらなかった。アメリカ文学を代表する名作。

本文より

 お前はおれを殺す気だな,老人は心のうちで思った。なるほどその権利はある。おい,兄弟,おれはいままでに,お前ほど大きなやつを見たことがない。お前ほど美しいやつも,お前ほど落ちついた気高いやつも見たことがないんだ。さあ,殺せ,どっちがどっちを殺そうとかまうこたない。
(105ページより)

  • テーマ・ジャンル
  • 海外の物語 職業・働き方 人生・生き方
  • 教科書
  • 国語 3年 286ページ

あしたね仕事人のおすすめ

  • 中学校校長tetu

    こどくなマグロ漁師とサメの戦い。広大な海で人間の孤独と強さを感じた作品。

  • 漁師吉田真一

    タイトルに「海」がつく本など,海に関する本ばかり読んできました。この本は,中学の感想文の課題で選びました。巨大なカジキを釣るシーンにはワクワクして,自分もこんな大物を釣ってみたいと思いました。でも,せっかく釣ったカジキを船に引き上げないまま,サメにどんどん食われていくので,釣り好きの少年としては,読んでいて気が気ではなかったです。